鍼柔政とは?

鍼灸柔整政策フォーラムについて

鍼灸柔整政策フォーラムは「現場」から生まれました。

「現場の先生方の声をなんとか解決できないか?」

それぞれの人脈を使い、勝手連的に活動が始まりました。

個人では出来ないような案件をなんとかしようとしたとき、協力してくれる人が集まってくれました。

「細かい案件を解決することも大事だけど、問題が起こらないよう制度を変えないといけないんじゃない?」

そこから「政治活動」として動き出したのが「鍼灸柔整政策フォーラム」です。

主体は「現場で働く」先生です。

賛同してくれる政治家をある程度増やし、個人では突破できないような省庁案件を解決して行くのが目的になりました。

「声を上げる」にはいくつかの解釈があると思うんです。

「これはおかしいじゃないか!」という現場の先生が上げる声としての解釈。

そして、それを「適切な所に投げる」という政治活動としての解釈。

現場の先生方、どんどん声を上げて下さい。

我々の役目は「声を確実に改善につなげる」ことです。

十年後、二十年後の業界のために先生のご協力をお願いします。


鍼灸柔整政策フォーラム
発起人 上原 樹
    大山 利彦

投稿日:

Copyright© 鍼灸柔整政策フォーラム , 2019 All Rights Reserved.