サポーター募集

鍼灸柔整政策フォーラムへの参加について

鍼灸柔整政策フォーラムでは、会員という名のサポーターさんを募集しております。

サポーターって何するの?

「鍼灸柔整政策フォーラムの政治活動に賛同いただけること」

これだけです。

登録していただく以外、特に何もすることはありません。

活動方針としましては
「厚生労働省へのお願い・陳情」
「質問主意書の提出」
など、従来の業界が進めてきた方針は取りません。

協力議員のお力もお借りして、しっかりと行政文書としての最大の武器である「陳情書」を国会議員に提出し、政策として省庁等との折衝・交渉を行っていただくスタンスです。

登録していただいた数が、鍼灸柔整政策フォーラムの「力」になります。

少し下品な話をします。

◯500人が登録している団体
◯10000人が参加している団体

どちらが影響力があるでしょう?

「数は力」と言うのはこういう意味合いがあります。

鍼灸柔整政策フォーラムは政治活動をする団体ですので、登録していただくと政治活動にご協力いただけます。

登録すると起こることは以下の通りです。

選挙の時にハガキが来ます

登録していただいた個人情報は、選挙名簿として厳重に管理します。

今までは選挙のたびに応援署名をお願いしていましたが、今後は「1回」で済みます。

選挙の時に電話がかかってきます

「知らない人から選挙の電話がかかってきた」というのも少し不安があります。

鍼灸柔整政策フォーラムでは、選挙ボランティアさんからではなく「我々の仲間」がお電話をさせていただきます^^

情報提供の依頼やアンケートがメールで届きます(正会員のみ)

政治活動や陳情をする上で「データ」や「情報」はとても重要なものです。

これは正会員さんだけへのお願いなのですが、

  • 保険者から不適切な照会文書がきていませんか?
  • 保険者からこんなローカルルールを押し付けられたことはありませんか?
  • 損保や保険者から、こんな不当な扱いをされたことはありませんか?

など、現場の声を集めさせていただく場合があります。

ぜひ、ご協力いただければと思います。

それぞれの先生のお考え、支持政党などあるでしょう。

鍼灸柔整政策フォーラムは「あはき柔の不条理をなくせるのか?」を基準に、政治家への支援を決めています。

登録された方が「ちょっと活動に賛同できなくなった」と思われたら、すぐに退会をしていただければ結構です。

ご登録は、以下の会員種別からお願いします。

※登録は18歳以上の選挙権をお持ちの方に限らせていただいております

各URLから必要事項を登録していただくと、返信完了メールが届きます。
※返信メールが届かない場合は、お問い合わせからお知らせ下さい。

ご登録前のお問い合わせはこちらからお願いします
お問い合わせをする

正会員

正会員の参加資格は以下の通りです。

  • あん摩指圧マッサージ師の国家資格をお持ちであること
  • はり師、きゅう師の国家資格をお持ちであること
  • 柔道整復師の国家資格をお持ちであること
  • 鍼灸柔整政策フォーラムの政治活動に賛同いただけること

正会員に登録する

準会員

準会員については、以下の方が対象になります。

  • 正会員のご家族様
  • 国家資格をお持ちの先生が経営されている治療院のスタッフさん(国家資格をお持ちでない方)
  • あはき養成学校の学生さん

準会員に登録する

一般会員

「あはき柔を応援するよ!」と言っていただける患者さんや一般の方

一般会員に登録する


よくある質問をまとめてみました!

参加には費用がかかりますか?
参加していただくことに費用はかかりません。
活動費のご寄付なども強制するものではありません。
一般会員の紹介に抵抗があります
先生の無理にならない範囲でのご協力をお願いします。
現実問題、国家資格者(正会員)と準会員(家族さん、身内、スタッフさん、学生さん)がまとまるだけでじゅうぶんな数が集まるはずです。
一般会員さんのお声がけより、あはき柔の先生やご家族、スタッフさん、学生さんなどでお話をいただけた方が良いかと思います。
請求団体に加入しているんですが、参加は可能ですか?
はい、参加いただけます。
良く聞かれるのですが、一次団体(社団など)しか、正式な政治団体を持っておりません。
鍼灸柔整政策フォーラムは、どなたでもサポーターになっていただけます。
所属している会が野党候補を応援しろと言うのですが。。。
応援につきましては所属されている会や、鍼灸柔整政策フォーラムでも強制はできません。
現場の先生、お一人お一人がきちんと考えられて応援されれば良いかと思います。
どうしても心情的に板挟みになって辛い先生は、残念ですが退会していただくのも一つの解決策かと思います。
本当に何もしなくていいんですか?
政治活動については、鍼灸柔整政策フォーラムが行います。
後は、会員登録いただき、ハガキと投票依頼のお電話を受けていただきできれば投票をお願いする以外にしていただくことはありません。
お知り合いの先生やお仲間にお声がけをいただければ、我々の力になりますのでぜひご協力いただければと思います。
個人情報が心配なんだけど。。。。。
100%のセキュリティはありませんが、今可能な対策をできるかぎり施していることをご理解いただければと思います。
また、選挙ハガキを発送する際には丸ごと名簿を提出することはありません。
鍼灸柔整政策フォーラムで、印刷等の作業を行いますので知らない議員の選挙ハガキが来た!という自体は物理的に不可能かと考えます。
もちろん、選挙前には該当する会員さんに告知してから活動を行いますのでご安心下さい。
なかなか上手くみんなに説明できないんだけど。。。。。
もし、勉強会やセミナーを開催される場合はい時間をいただければ可能な範囲でお話をしに行かせていただきます。
お気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせをする
選挙以外で何かもう少し政治に参加できることはありますか?
ありがとうございます。
議員会館での厚労省担当者との意見交換会や、議員事務所での意見交換会などがあります。
ぜひ、ご参加いただければと存じます。
タイミングがよければ、国会見学なども企画したいと考えています。
また、鍼灸柔整政策フォーラムとしましては、できる限り全国にお邪魔して対面でヒアリングを行いたいと考えております。
お仕事に影響が出ない範囲でぜひ、ご参加いただければと思います。

企業団体会員

鍼灸柔整政策ネットワークの活動に賛同いただける企業・団体様

準備中




各種あはき柔団体様へのご提案

現在、公益社団法人(日鍼会・全鍼師会・日整など)は公益社団法人以外に「政治連盟」を持っています。

しかし、公益社団以外の団体については政治連盟を設立・運営することはハードルが高い状態です。

なので、各種団体の個人的つながりなどで政治活動をされている団体の先生もおられるようです。

バラバラの議員さんに団体もバラバラで政治活動を行うと、どうしても効率が悪い部分が出てきます。

鍼灸柔整政策フォーラムと政策の共通項が可能な場合は、以下のご提案をします。

政治力を一本化する為にも、各種あはき柔団体様の外部組織として政治活動を行います。

個々で政治連盟を設立・維持するよりも、外部組織として使っていただいた方が政治活動に使える金額も捻出しやすいかと考えます。

詳しくはお問い合わせください。

 

更新日:

Copyright© 鍼灸柔整政策フォーラム , 2019 All Rights Reserved.