お知らせ

いわゆるHS式最高裁判例について解説してみた②

更新日:

簡易裁判所で有罪となり控訴した被告人は、控訴審(仙台高等裁判所)で控訴棄却となります。

その判決を不服として最高裁へ上告をしました。

控訴時の趣旨と上告時の趣旨も、少しづつ変質しているところもポイントかと思います。

二本目の動画、「高等裁判所判決から上告」の動画です。


鍼灸柔整政策フォーラムでは、あはき柔業界の「おかしいこと」を政治の力で正して行こう!という活動をしています。
賛同していただける先生の登録をお待ちしています。
(所属団体等は一切、問いません)

協力会員募集ページ
https://sjs-forum.com/recruitment

-お知らせ

Copyright© 鍼灸柔整政策フォーラム , 2020 All Rights Reserved.